引き続き flysaa.com をご利用になることにより、お客様は本ウェブサイトの利用規約、プライバシーポリシー、当社のクッキーの使用に同意されたことになります。

壊れやすいもの、貴重品、大切な思い出の品等は受託手荷物に入れないでください。これらはパスポートや身分証明書等とともに機内持込み手荷物として携行することをお勧めいたします。

  • SAAでは楽器を対象とした無料手荷物特別枠を提供しておりません。 楽器は通常の受託手荷物としてチェックインするか、機内持込み手荷物としてお持ち込みください。大きな楽器のために座席が必要な場合は、楽器用の座席を購入する必要があります。

    受託手荷物としてお預け入れになり、通常の手荷物許容量を超過する場合は、超過料金がかかります。

    楽器の輸送には特別な条件や制限が適用される場合がありますのでご注意ください。楽器の輸送に関する条件や制限の詳細やご質問は当社まで直接お問い合わせください。

    機内持込み手荷物として楽器を持ち込む場合

    • 楽器あるいはケースの三辺の和(長さ + 幅 + 高さの合計)が115cmを越えないこと。楽器あるいはケースが不規則な形状の場合は最も大きな値をもって計算します。
    • 座席の下、あるいは頭上ロッカーに収まる形状のもの。総重量が8kgを越えないもの。
    • 寸法と重量が制限内の楽器は手荷物として1個機内にお持ち込みいただけます。ビジネスクラスのお客様は楽器の他にもう1個の手荷物をお持ち込みいただけますが、エコノミークラスのお客様はその他の手荷物はお持ち込みいただけません。
    • 楽器は機内にお持ち込みになるか、受託手荷物としてお預けになる場合は、専門の業者による保護ケースを使用なさることを強くお勧めいたします。ケースに入れないで楽器を機内に持ち込む場合は、周囲のものを傷つける可能性のある鋭角がないことをご確認ください。

    楽器用に別個の座席を使用する場合

    • 楽器を乗せるために別個の座席が必要な場合はSAA コールセンターから予約してください。
    • ご予約の際には楽器の寸法と重量をお知らせください。楽器用の座席には割引料金(諸税を除く基本運賃のみ)が適用されます。お客様が購入されていない空席に座席に楽器を置くことは固くお断りさせていただきます。
    • 座席にて輸送する場合の楽器の重量は75kg未満とさせていただきます。楽器用に別個の座席を購入された場合でも受託手荷物許容量は追加されないことにご注意ください。

    楽器と輸送方法

    楽器 輸送方法
    バス・チューバ 受託/追加手荷物
    バスーン(小) 受託/追加 手荷物
    バンジョー 受託手荷物/追加の手荷物あるいは別個の座席
    バス・トロンボーン 受託/追加手荷物
    チェロ 受託/追加手荷物 あるいは別個の座席
    コントラバスーン 受託/追加手荷物 あるいは別個の座席
    クラリネット 機内持ち込み手荷物
    コントラバス 受託/追加手荷物
    フルート 機内持ち込み手荷物
    フレンチホーン 受託/追加手荷物 あるいは別個の座席
    ギター 受託/追加手荷物 あるいは別個の座席
    オーボエ 機内持ち込み手荷物
    サクソフォーン 受託/追加手荷物 あるいは別個の座席
    トランペット 機内持ち込み手荷物
    ビオラ(方形ケース) 受託/追加手荷物 あるいは別個の座席
    バイオリン(形状ケース) 機内持ち込み手荷物
    バイオリン(方形ケース) 受託/追加手荷物 あるいは別個の座席
  • 南アフリカ航空では、家族の一員であるペットとのご旅行をお楽しみいただけるよう、ペットの快適さを考慮した輸送を心がけております。盲導犬や介助犬等のサービスドッグを除き、ペットは客室内にお持ち込みいただけません。ペットは貨物として、あるいは受託手荷物として貨物室でのお預かりとなります。

    受託手荷物として預け入れる場合は、動物と輸送容器を合わせた合計重量が超過手荷物として課金されます。

    輸送許可書、マイクロチップ、検査、予防接種等、動物の輸送に関する手続きが必要ですので、ペット連れの旅行をお考えのお客様は必ず、事前にSAAコールセンターへご相談ください。場合によっては時間がかかる場合があります。早めの手続きをお勧めいたします。実際のご旅行の1週間前までにすべての手続きをお済ませください。

    南アフリカ国内線の場合、ペットは 1x1m、23kg未満の安全な容器に入れてください。

    国際線の場合は、詳細をSAA Cargoにお問い合わせください。

  • 1.5 リットルボトル入りのZAM ZAM ウォーター(海水)は許容量以内の場合は受託手荷物、あるいは機内持込み手荷物として輸送できます。 許容量を超過する場合は超過料金がかかります。ボトルは適切に梱包し、ビニルシートで覆うなどして、中身が漏れださないようお気をつけ下さい。

  • 国内線

    銃器は受託手荷物に含めることはできません。必ず銃器専用デスク(Firearm Desk)で受託手続きをお済ませください。弾薬は適切で安全なロックができるケースに収め、銃器とは別に梱包してください。受託手荷物許容量内であれば、無料でお預かりいたしますが、別個に梱包し、銃器専用デスクでチェックインすることを強くお勧めいたします。

    すべての銃器と弾薬はチェックイン時に必ず申告しなくてはなりません。申告がなかった銃器が受託手荷物に入っていた場合、当該手荷物の輸送は拒否されます。

    チェックイン時にご申告いただくと、専用の荷物タグを発行するとともに、銃器専用デスクへと係員がご案内いたします。専用デスクでは銃器と弾薬の検査確認が行われます。

    銃器専用デスク(Firearm Desk )

    • 銃器の所有者は有効な銃器および弾薬の所有免許あるいは一時的な輸入許可書を提示してください。
    • 所有者はまた、銃器や弾薬が安全に輸送できる状態にあることを確認する書類に署名する必要があります。
    • その後、係員が手荷物を開け、銃器と弾薬が安全に梱包されていること確認します。弾薬の持込みは、銃器所有免許保持者一人につき重量で5kgまでです。
    • 検査後、所有者は銃器受託書類に署名します。お預かりした銃器は係員が安全に積荷します。
    • 出発空港のデスクは到着空港のデスクに積荷内容の詳細と銃器の積荷位置を連絡します。
    • 中に弾薬が含まれる受託手荷物には、保安検査場での遅延等を避けるため、検査済みであることを記した専用のタグが取り付けられます。

    拳銃(ピストル、リボルバー)

    拳銃の輸送にはZAR250の取り扱い手数料がかかります。銃器専用デスクで、現金あるいはクレジットカードでお支払いをお済ませください。専用デスクでお預かりした銃器は機体の貨物室で安全に輸送されます。拳銃を狩猟用ライフルと同じケースに入れ、狩猟用具として輸送する場合には、個別の取り扱い手数料はかかりません。

    ライフル

    銃器専用デスクでの検査確認後、無料の手荷物許容量の一部として無料でお預かりすることが可能です。無料の手荷物許容量を超過した場合は超過手荷物料金がかかります。

    弾薬

    安全に梱包された弾薬は、搭乗客一人につき最大5kgまで、別個の荷物として、あるいは受託手荷物に含めてお持ち込みいただけます。受託手荷物に含める場合は、チェックイン時に必ず申告し、検査を受けて専用タグを受け取ってください。専用タグがない場合、保安検査に時間がかかる場合があります。したがって、弾薬は受託手荷物とは別に梱包し、銃器専用デスクで受託手続きすることを強くお勧めします。

    到着時

    到着空港の銃器専用デスクでお預けになった銃器をお受け取りください。弾薬を受託手荷物に含めた場合は、空港内の手荷物引き渡し場でお受け取りいただけます。別個に梱包し、銃器専用デスクでお預けになった弾薬は到着空港の銃器専用デスクでお受け取りください。

    国際線

    到着国に関わらず、ご利用になる航空会社の登録国における武器輸送に関する法律を順守することはお客様各自の責任です。また、銃器と弾薬に関わる法規の理解はお客様各自の責任です。

    出発

    銃器は受託手荷物に含めることはできません。銃器はロックつきの適切なケースやバッグに入れてください。

    チェックイン時に必ず申告し、検査確認タグを発行してもらってください。これにより、機内貨物室の適切な箇所への積荷、南アフリカ到着後の適切な取り扱いが可能になります。

    南アフリカ航空で到着のお客様は、出発国のチェックインカウンターで必ず銃器や弾薬携帯の旨をご申告ください。適切な取り扱いのための専用タグを発行いたします。

    適切に梱包され、安全なロックできるケースに入った弾薬は、銃器所有免許保持者一人につき重量で5kgまで受託手荷物としてお預けいただけます。(大半の航空会社は原則的に、国際民間航空機関(ICAO)が定める危険物輸送規則および 国際航空運送協会(IATA)の要件/ガイドラインに従って各航空会社が定めた手順を順守することを条件に弾薬の輸送を許可しています)。受託手荷物の中に、きちんと梱包していないバラバラの状態で弾薬を含めないでください。

    南アフリカへの到着

    • 出発国で申告され、識別された銃器は入国管理通過後すぐのところにある銃器専用デスクでお受け取りいただけます。出発国で申告されず、適切なラベル付けをされなかった銃器は通常の手荷物引き渡し場でお受け取りいただけま。弾薬が含まれる受託手荷物を受け取ったら、南アフリカ警察銃器オフィス(SA Police Firearm Office)で輸入許可、その他の書類手続きをお済ませください。
    • 国内線に乗り継ぎのお客様も税関に進む前に警察銃器オフィスで手続きをお済ませください。その後は国内線の銃器・弾薬輸送規則に従ってください。
    • 国際線に乗り継ぎのお客様は最終目的地まで通して銃器・弾薬の受託輸送手続きをされることをお勧めいたします。銃器や弾薬が受託手荷物に含まれる場合、空港の保安検査でストップされる場合があります。そのような場合は、お客様をお呼出しし、荷物を開けていただくことになりますのでご留意ください。

    乗り継ぎ時の荷物積替えプロセスにおける遅れを避けるためにも、SAA機へのチェックイン時に銃器・弾薬が受託手荷物に含まれる旨を必ず申告するようお願いいたします。

    国際線に乗り継ぎのお客様で、最終目的地までの受託輸送手続きをしていない場合は、国際線のチェックインに進む前に、南アフリカ警察銃器オフィスでの手続きが必要です。

    総合的な情報とアシスタンス

    世界中ほぼすべての国で、銃器の輸送および輸入には厳しい制限を設けており、必要書類(輸入許可書、免許等)を伴わない銃器が到着した場合はその所有者および輸送に関わった航空会社には高額の罰金が課せられます。ご旅行前に、目的国(該当する場合はトランジットやストップオーバー滞在国)の領事館に相談し、制限や条件等を確認することはお客様各自の責任です。

    一時的な輸入許可。銃器の一時的な輸入許可書はサファリ狩猟旅行に参加される外国人旅行者に発行されます。一時的な輸入許可書は、税関を通ったあとすぐの場所にある南アフリカ警察銃器オフィスで取得できます。

    必要書類

    • パスポート
    • 復路の航空券
    • 居住国発行の銃器所有免許(所有者を証明できるもの)
    • サファリ狩猟旅行への参加を証明できるもの(サファリイベント主催者からの招待状等、会社、団体のレターヘッドのあるもの)
    • 南アフリカで銃器を必要とする理由を記した銃器所有者によるレター
    • 滞在先住所
    • 居住国発行の銃器輸出許可書

    規制対象品

    • オートマチック、セミオートマッチの銃器、軍事目的の銃器
    • 自己防衛目的の銃器
    • 口径毎に1台の銃器が許可されます。
    • 銃器および弾薬に関する南アフリカの法律では、口径毎に200弾の弾薬の所有が許可されています。
    • 拳銃の持ち込みに際しては、必ず到着前に必要書類を揃えてください。
    • 21歳未満の方は南アフリカに銃器を持ち込むことはできません。
  • ヘルシーなライフスタイルとスポーツ・アドベンチャーは南アフリカ旅行のハイライトですが、国際線、国内線におけるスポーツ用品の輸送には料金がかかる場合がありますのでご留意ください。

    三辺の和 が200cm未満、重量が23kg未満の預け入れて荷物に収まるスポーツ用品は無料です。カヌー、ウィンドサーフィン、ハンググライダー、カヤック等、長さが200cmを越えるスポーツ用品は貨物扱いとなり、貨物料金が適用されます。

    釣り サッカー ロッククライミング:ヘルメット、ロープバッグ、ハーネス、クラッシュパッド/ マット
    アーチェリー ゴルフ ラグビー
    陸上競技 ホッケー、アイスホッケー セーリング用品:ウェット/ドライ・セーリングスーツ、救命胴衣、ウォーターブーツ、ロープ、ブロック、プリー、水ボトル(空のもの)、帆、オール
    野球/ ソフトボール 乗馬サドル、ヘルメット、手綱等 狩猟:要件の詳細は こちらをクリックしてご覧ください。
    バスケットボール ラクロス スキー、水上スキー用品
    ボウリング ネットボール サーフボード/カイトサーフィン/パラグライダー
    クリケット モータースポーツ:防御服とヘルメット 水泳
    サイクリング ライダー用品:防御服とヘルメット テニス/スカッシュ
    ダイビング/スキューバダイビング用品:タンクは空のものに限ります。 パラシュート用具 テンピン・ボーリング
    フェンシング ポロクロス:乗馬帽、スティックとボール バレーボール

    上記以外のスポーツ用品でも無料の手荷物許容量に含めることができるものがあります。許容量を超える場合は通常の超過手荷物料がかかります。スポーツ用に使用される車椅子は無料でお預かりいたします。スポーツ用のボールはすべて、必ず空気を抜いた状態で梱包してください。