引き続き flysaa.com をご利用になることにより、お客様は本ウェブサイトの利用規約プライバシーポリシー、当社のクッキーの使用に同意されたことになります。

SAAでは、お子様や保護者の方がより快適な空の旅をお楽しみいただけるよう様々なサービスを提供しております。

「乳児」とは2歳未満のお子様をさします。乳児1名につき、大人1名の付き添いが必要で、大人の方の膝の上に抱いたかたちでのご搭乗になります。

  • すべての機材はおむつ替えテーブルのある化粧室、大きなサイズの頭上ロッカーを備え、乳児連れのお客様も快適な旅がお楽しみいただけます。

    機材によってはベビーバシネット(ベビーベッド)をご予約いただけます。詳細は以下をご覧ください。  

    離着陸時、シートベルト着用サイン点灯時にご利用いただけるお子様専用のシートベルトをご用意しております。離陸に先立ち、お子様連れのお客様に配布されます。 

    より快適な旅をお楽しみいただけるよう、追加の毛布や枕をご利用いただけます。数に限りがありますので、できれば離陸前にご要望をお伝えください。

    楽しく時間を過ごしていただけるよう、長距離便ではお子様用アクティビティパックをご用意しております。パックにはゲーム、塗り絵等が含まれます。機内エンターテイメントシステムにはお子様向けゲーム、映画、番組も用意されています。

  • 乳児は大人のお客様の膝に抱きかかえる状態でのご搭乗になりますので、レッグルームのたっぷりしたバルクヘッド座席(仕切り壁の後ろの最前列席)を強くお勧めいたします。座席は flysaa.com でのご予約時に選ぶことができます。 バルクヘッド座席は人気があるため、座席の事前予約をすませていない場合は早急に予約管理 画面から予約をお済ませください。

  • バシネット(パネル取付かご型ベッド)のご利用は乳児の体重と身長により制限があります。体重10kg、身長75cmを超えないものとし、また数に限りがありますのでご注意ください。先着順ですので、なるべく早い時期に最寄りの SAA オフィスに電話でお申し込みください。

    離陸後、シートベルト着用サインが消えた後に、客室乗務員がバシネットの取り付けをお手伝いいたします。お子様の安全のため、バシネット取り付け前に、お子様の年齢、体重と身長を確認しますのでご了承ください。バシネットは離着陸時、シートベルト着用サイン点灯時にはご使用いただけません。シートベルト着用サインが点灯したらすぐにお子様をバシネットから出してください。

  • 2歳未満のお子様に別個の座席を予約するには flysaa.com で「乳児」ではなく「幼児」のカテゴリーをお選びください。この場合、お子様ご本人の座席が確保されますが、幼児料金(乳児ではなく)がかかります。生年月日の記入欄にはお子様ご本人の本当の生年月日をご入力ください。

    2歳未満のお子様に別個の座席を予約した場合、お車用のベビーシートを機内にお持ち込みいただくこともできます。

  • 2歳未満のお子様に別個の座席を予約した場合、お車用のベビーシートを機内にお持ち込みいただくことができます。ベビーカーシートは36ヵ月未満のお子様のご利用に限ります。

    お持ち込みのチャイルドシートが座席に固定できるかどうか、以下の表でお確かめください。

     
      A340-600/300 A330-200 A319-100 B737-800 A320-200
    ピッチ 33/34” 32" 32" 32" 31"
    肘掛け間幅 17" (43.18cm) 17.5" (44.45cm) 17.6" (44.7cm) 17.5" (44.45cm) 17.5" (44.45cm)

    安全要件

    • ご使用いただけるベビーカーシートは航空機の前進方向に向けて、航空機の座席のシートベルトで固定できるものに限られます。
    • ベビーカーシートはまた、幼児の上半身、肩、下半身を固定できるシングルリリース式のハーネスを装着したものに限られます。
    • ハーネスは幅25mm 以上のストラップ、正角度の金属リフトを備えたものとします。
    • お子様がご自身でハーネスを外せるものは不可とします。
  • 乳幼児向けの特別食は航空券ご予約時にお申し込みください。ご予約時にお申し込みにならなかった場合は、 予約管理の画面からいつでもお申し込みいただけます。

    特別食はご出発の48時間前までにお申し付けください。コーシャ食はご出発の72時間前までにお申し付けください。

    事前にお申し込みにならなくても、お子様のために各種ソフトドリンクとフルーツジュースをご用意しております。ご持参のミルクや離乳食は機内で温めることが可能です。客室乗務員にお申し付けください。

  • 受託手荷物

    幼児のご搭乗客は23kgまでの手荷物1個、1台の折りたたみ可能なベビーバギーあるいはチャイルドカーシートを無料でお預けいただけます。 

    大人運賃の50%の幼児運賃をお支払いの幼児のお客様には大人と同じ手荷物許容量が適用されます。

    空港により異なりますが、航空機へのご搭乗までベビーバギーを使用し、搭乗後に客室乗務員にお預けいただくことをお勧めいたします。搭乗ゲートまでベビーバギーがご利用いただけるかどうか、チェックイン時にご確認ください。

    ベビーバギーの保管場所により、目的地にご到着後は、降機後すぐにベビーバギーをご利用いただける場合と手荷物引き渡し場でのお受け取りになる場合があります。詳細は客室乗務員にお尋ねください。 

     

    手荷物

    幼児のご搭乗客は寝具、ナプキン、哺乳瓶、食品等を入れた機内持ち込み手荷物1個をお持ち込みいただけます。標準的な機内持ち込み手荷物の寸法と重量を越えなければ無料です。

  • お子様と保護者が同日に予約された場合はお子様の運賃が割安になる可能性があります。

    幼児運賃が設定されていないフライトもありますのご注意ください。

  • SAA では乳幼児連れのお客様を先にご案内するプライオリティ搭乗サービスを提供しております。

    乳幼児を大人お一人でお連れのお客様には「ミート&アシスト・サービス」もご利用いただけます。 flysaa.com でのご予約時にお申し込みください。 ご予約時にお申し込みにならなかった場合は、 予約管理の画面からいつでもお申し込みいただけます。「ミート&アシスト・サービス」とは、SAA スタッフがご家族をチェックイン・デスクでお出迎えし、保安検査場から搭乗ゲートまで、お手伝いいたします。SAA スタッフは手続きをお手伝いするのが目的であり、お子様を抱いたり、お預かりはできませんのでご了承ください。

    搭乗後は、客室乗務員がお荷物の収納等のお手伝いをいたします。着陸後は他のお客様が全員下りた後、客室乗務員が降機をお手伝しますので、しばらくお待ちください。

    地上スタッフが手荷物受取エリアまでご案内いたします。

    • フライト中は客室乗務員が乳幼児連れのお客様等、特別なお手伝いが必要な方のアシスタンスを提供します。ご要望がありましたら、客室乗務員にご相談ください。ご要望を満たすよう最善を尽くします。
    • 客室乗務員がお客様の赤ちゃんを抱くことは推奨されていませんが、保護者の方が化粧室に立つ際にはお子様を見ていることは可能です。お気軽にお声をおかけください。万が一、客室乗務員がお子様を抱くことになり、その際にお子様に怪我等が生じた場合、当社では一切責任を負いませんのでご了承ください。
    • 2歳未満のお子様をお連れのお客様には、離陸前に客室乗務員が対面で安全に関する情報をご説明いたします。ご要望がありましたら、ぜひこのときにお申し付けください。快適な空の旅をお楽しみいただくため、その他必要と思われる事柄もお気軽にご相談ください。
    • 2歳以上のお子様は離着陸時には大人の膝の上に座ることはできません。それぞれの座席をご予約ください。
    • 離着陸時、シートベルト着用サイン点灯時にご利用いただけるお子様専用のシートベルトをご用意しております。離陸に先立ち、お子様連れのお客様に配布されます。 
    • 粉ミルク用のお湯をご用意いたします。客室乗務員にお申し付けください。
    • 機内にはおむつを用意しておりません。機内持ち込み手荷物として十分な量を持参していただくことをお勧めいたします。
    • 安全上の理由から、機内の床で横になることは禁止されています。この規則は乳幼児にも適用されます。
    • SAAのすべての機材にはおむつ替えテーブルのある化粧室が用意されています。おむつ替えテーブルのある化粧室の位置は機材により異なりますので、客室乗務員にお尋ねください。
    • 乱気流等で揺れる場合があります。フライト中はなるべく歩き回らないようお願いたします。シートベルトはフライト中を通して常に着用することをお勧めいたします。
    • 長距離フライト、特に夜に出発するフライトの場合、お子様には他の乗客に先立ち、早めにお食事をご提供することも可能です。
  • 客室乗務員は乳幼児、大人を対象とした応急処置の訓練を受けています。乳幼児、お子様を対象とした応急処置の訓練には心肺機能蘇生、喉の詰まりやアレルギー反応への対応が含まれ、毎年のリフレッシュ講習が行われています。SAAの客室乗務員はすべて、南アフリカ蘇生救急委員会に登録されています。

    フライト中の医学的な緊急時には、医療関係者を呼出す手順が制定されいます。重症と判断された場合は、最寄りの医療機関に搬送するために航空機が予定外の空港に緊急着陸することがあります。機内に装備された医療機器には医師用完全医療キット一式、応急処理キット、自動体外式除細動器 (AED) 、酸素吸入装置が含まれます。

  • Fly-Tot 空気挿入式子供用クッションは機内ではご利用いただけません。