引き続き flysaa.com をご利用になることにより、お客様は本ウェブサイトの利用規約プライバシーポリシー、当社のクッキーの使用に同意されたことになります。

チェックイン、保安検査、搭乗ゲートで提示を求められる旅行書類を携行していることをご確認ください。国際線をご利用の16歳以上のお客様は有効な(往復)航空券、パスポート、ビザ、(国によっては)健康証明など、規定の旅行書類が必要です。出入国管理法違反となるため、ご旅行に必要な書類を携行していないお客様のご搭乗はお断りしております。

 

  • 要求されるパスポート、ビザ、健康診断書等はお客様の国籍と渡航目的地によって異なります。これらの書類を揃えるのはお客様各自の責任です。旅程に含まれるすべての国の入国要件に関しては、当該各国の大使館や領事館にお問い合わせください。パスポート、ビザ等の書類不備により、ご搭乗いただけない場合があります。また、これを原因に発生した損失に対し、南アフリカ航空はいかなる責任も負いませんのでご了承ください。 

    南アフリカへ入国するお客様は、南アフリカからのご帰国予定日から少なくとも30日以上の残存有効期間があるパスポートをご用意ください。有効期限を延長した機械読み取り式のパスポートを所持する旅行者の南アフリカ入国あるいはトランジットは禁止されています。

    南アフリカ共和国以外のパスポートの場合、南アフリカ出入国管理事務所による出入国記録用に、少なくとも1ページ以上の空白ページが必要です。有効な航空券とパスポートをお持ちでも、必要とされる空白ページのないパスポート所持のお客様の搭乗は南アフリカ共和国法で禁じられています。空白ページとは、観察・修正・承認用のページとは別のページです。この規則は南アフリカ共和国に住む外国人居住者に人は適用されません。

     

  • 海外へ渡航されるお客様は、パスポートの所持人連絡先詳細の下にある署名欄に必ず署名してください。パスポートへの署名は南アフリカ内務省により義務付けられており、SAAはこの規定を遵守する必要があります。 

     

  • ビザ免除国以外の国籍を持つ外国人旅行者は、以下の近隣諸国に渡航する目的で南アフリカ共和国を通過する場合、トランジットビザが必要となります: レソト、スワジランド、ナミビア、ジンバブエ、ボツワナ、モザンビーク。トランジットビザを所持していない場合は、お客様の搭乗は認められません。

    詳しい情報は南アフリカ共和国法務省のウェブサイトをご覧ください:

    http://www.dha.gov.za/index.php/immigration-services 

  • 南アフリカ共和国では現在、入国地点におけるバイオメトリック(生体認証)システムの導入を進めています。南アフリカ国籍以外の方には、南アフリカ入国地点の出入国管理カウンターにおいて指紋と顔写真の提供をお願いしております。

    バイオメトリック認証プロセスに関する詳細は こちらから。

  • 南アフリカ大使館、領事館および高等弁務官事務所の公式リストはこちらをクリックしてご覧ください。

    このリストに掲載されているのは、公式ウェブサイトを運営している大使館、領事館および高等弁務官事務所のみです。南アフリカ共和国の在外大使館および領事館の完全なリストは、 こちらをクリックしてください。

     
  • 2015年6月1日より南アフリカ法務省により導入された新しい要件により、南アフリカ共和国に出入国するすべての未成年(18歳未満)の旅行者はパスポートに加え、当該旅行者の両親に関する情報が記載された 出生証明書完全版(unabridged birth certificate)を提示する必要があります。

    付加的な書類が必要な場合があります。詳しい情報は南アフリカ共和国法務省のウェブサイトをご覧ください。

    旅行者は各便のチェックイン時に必要書類の提示が求められます。

    重要な連絡先情報

    1. 南アフリカ共和国法務省,0800 60 11 90 (南アフリカ国内からは無料)
    2. 最寄りの 南アフリカ共和国大使館

    ご注意:

    新しい出入国管理規則が利用者に正しく伝えられ、遵守されることを見届けるのがSAAの役割であり、SAAは出入国管理法や新規則そのものいかなる責任も負いません。SAAは、法律に改正が生じた場合、それを時宜にかなった方法で確実にお客様に伝えますが、内容の正確さに関しては一切責任を負いません。

  • ナミビアに入国する未成年(18歳未満)の旅行者は出生証明書完全版(unabridged birth certificate)が必要です。状況により、さらに次の書類が必要です: 


    a) 実父母以外の成人が同伴する場合: 当該の成人と一緒に旅行することを許可する実父母による宣誓供述書。
    b) 実父母/法的な保護者以外の成人が同伴する場合: 実父母/法的な保護者のパスポートまたは身分証明書のコピー。実父母/法的保護者の連絡先情報。
    c) 実父あるいは実母のどちらかが同伴する場合: 旅行に同伴しない父または母による旅行を許可する旨の宣誓供述書。実父あるいは実母が死亡している場合は死亡証明書。
    d) 未成年者の一人旅の場合: 実父母/法的保護者による旅行承諾の宣誓供述書と連絡先詳細。ナミビアで未成年旅行者を引き受ける者の連絡先情報、身分証明書、有効なパスポートまたは永住許可書のコピー。

     

  • 合衆国政府は同国に入国するすべての外国人旅行者に対して特定の旅行書類の所持を要求しています。

    南アフリカ国籍の方はフライトを予約する前に必ずビザを取得してください。在南アフリカ米国領事館は南アフリカ国籍者のビザ申請にあたって次のように述べています:

    • 申請者は米国への旅行目的や期間とともに社会的、経済的、家族的なつながりがあることを説明できなくてはならない。
    • 航空券: 申請者は航空券を購入したり、キャンセル不可能な旅程を組む前に、必ずビザを取得してください。
    • ビザ申請にあたっては申請者への面接(事前予約要)があります。渡航予定日の少なくとも60日前までに面接を受けることをお勧めいたします。
    • 面接は月曜から木曜に行われます。

    詳細は以下をご覧ください:

    http://southafrica.usembassy.gov/index.html

    米国ビザ免除プログラム

    特定の国の方が米国に渡航する際にビザが免除されるプログラムです。対象国の方は米国渡航前に電子渡航認証システム(ESTA)で渡航認証を受けてください。米国ビザ免除プログラムについてはこちらからご覧ください:

    http://travel.state.gov/content/visas/en.html

    電子渡航認証システムについて

    米国ビザ免除プログラム対象国の国籍保有者は米国渡航前に電子渡航認証システム(ESTA)で渡航認証を受ける必要があります。

    このオンライン自動認証システムは、申請者が米国ビザ免除プログラム対象国の国籍保有者であること、当人の入国が安全保障上の懸念にならないことを確認するものです。オンラインの申請書への記入を完了すると、米国への入国資格の有無が通知されます。

    次のウェブサイトにアクセスし、質問にお答えください。 https://esta.cbp.dhs.gov/ 認証なしに渡航を試みると次の措置の対象となります:

    • 搭乗が拒否される
    • 米国入国時に米国税関・国境取締局(CBP)による2次審査の対象となる。
    • 申請書を提出すること、および手数料の支払いを求められる
    • 米国への入国が拒否され、強制送還される。

    ESTA 認証手数料は $14です。オンライン申請プロセスの最後にクレジットカードあるいはデビットカードでの支払いを求められます。